MENU

open



コンポーネントセット

変速機やギア歯などの駆動系とブレーキ系を合わせてコンポーネントと呼び、ロードバイクの動きを担う主要パーツ全8点で構成されています。

現在のコンポはそれぞれが一連の動きとなって走りを支えています。

ギアの位置決め機構、ブレーキの引きしろ等が考慮され、トータル設計されています。そのため、パーツ性能を発揮させるためには同一のコンポーネントグループであることが重要です。

コンポーネントの構成(駆動系とブレーキ系を合わせて全8ポイント)

  デュアルコントロールレバー  

ブレーキ操作とシフト操作を一体化させたレバー

ST-R9100
   ブレーキ   

リムサイドにゴムパッドを押し当て制動するキャリパーブレーキ。パッドの種類も豊富で、ホイール(リム)によっては専用のパッドを使用します。 

BR-R9100

   クランクセット   

脚の動きをギアに伝えるクランクアームと、チェーンに伝える歯車のチェーンリングから構成。アームの長さやリングの歯数も選べます。 

FC-R9100
   ボトムブラケット   

クランクの回転を支えるベアリング機構で、略してBBと呼ばれます。クランクとの相性はもとより、フレームの規格に注意が必要です。

BB-R9100

   フロントディレイラー   

羽形状のプレートがチェーンを大小のチェーンリング間を移動させます。

FD-R9100-F_2
   リアディレイラー   

外装変速を担う要のパーツ。小さな歯車(プーリー)がチェーンを動かし、スプロケットの歯間を移動させます。近年では電動の物も増えてきました。

RD-R9100-SS

   チェーン   

ドライブの要であるパーツ。ロードバイクの変速は8〜11まで種類があるが、それぞれの段数に応じたものを選びます。

CN-HG901-11
   カセットスプロケット   

リアの変速を支える大小の歯車の集合体。走り方/スタイルに応じてギア歯の組み合わせを選びます。

CS-R9100

コンポーネントの種類

メーカーやグレードによって様々な種類が存在します。

シマノンパニョーロスラム、主要3大ブランドがそれぞれ複数のグレードを展開しています。



 SHIMANO|シマノ
日本が誇る世界最大の自転車パーツメーカー。シェアもトップで、レース用から廉価版まで幅広いラインナップが魅力です。日本ブランドなので、補修パーツなども容易に手に入り、安定した製品展開が強みです。
   ■DURA-ACE R9150 Di2|デュラエース R9150シリーズDi2(リア11速/電動) 【NEW】
DURA-ACE_R9150_Di2

リムブレーキ/ディスクブレーキ
リムブレーキモデル参考価格:¥343,363(税抜き)

■重量:???g


ディスクブレーキモデルも追加され、更に進化した最上位モデルの電動シフト。

   ■DURA-ACE R9100|デュラエース R9100シリーズ(リア11速) 【NEW】
DURA-ACE_R9100

リムブレーキ/ディスクブレーキ
■リムブレーキモデル参考価格:¥210,978(税抜き)

■重量:1,961g


ディスクブレーキモデルも追加された堅牢・軽量なプロ仕様のトップモデル。

   ULTEGRA R8000アルテグラ R8000シリーズ(リア11速)  【NEW】

R8000

リムブレーキ/ディスクブレーキ
リムブレーキモデル参考価格:¥99,345(税抜き)

■重量:???g


セカンドグレードのアルテグラもR9100同様にリニューアル。上位グレードの設計を踏襲。

   ■ULTEGRA Di2|アルテグラDi2(リア11速/電動) 
ultegra6870

■参考価格:¥179,763(税抜き)

■重量:2,339g


セカンドグレードの電動コンポも11速に進化。圧倒的なコスパで人気の高いグレード。

   ■ULTEGRA|アルテグラ(リア11速) 
ultegra6800

■参考価格:¥96,430(税抜き)

■重量:2,274g


デュラエースより重量は若干重いが性能を考えると非常にリーズナブルなハイスペックグレード。

主な関連ブログ記事
>>
SHIMANO ULTEGRA-6800シリーズ のご紹介

   ■105(リア11速) 
new105

参考価格:¥63,501(税抜き)
■重量:2,531g 


中位のレース入門グレードも遂に11速に進化。上位モデルに並ぶスペックで低価格化を実現。

主な関連ブログ記事

>>
SHIMANO 105-5800シリーズ のご紹介

   ■TIAGRA|ティアグラ(リア10速) 【NEW】
4700_TIAGRA

参考価格:¥55,043(税抜き)


10速の中堅モデルが上位モデルのテクノロジーを継承して進化。性能も申し分なしのレベル。

   ■SORA|ソラ(リア9速) 【NEW】
R3000_SORA

参考価格:¥47,095(税抜き)


リースナブルなロード用コンポが上位モデルのテクノロジーを継承。耐久性十分なモデル。

   ■CLARIS|クラリス(リア8速) 
2400_CLARIS

参考価格:¥36,244(税抜き)


お手頃なエントリーモデルで、レバーも上位モデルと同様の操作性。

 Campagnolo|カンパニョーロ
レース用ギアの頂点にあるブランドで、古くからサイクリストの憧れであり続けるカンパ。時代が変わってもレースにかける情熱は不変です。カンパの価値はラインナップ全てが純レーシングコンポであること。操作性と品質の高さが貫かれていることが魅力です。
   ■Super Record EPS|スーパーレコードEPS(リア11速/電動) 
スーパーレコードEPS

参考価格:¥548,900(税抜き)


カンパが満を持して発表した電動コンポーネント。まさにレーシングコンポの頂点を極めた最新パーツ。

   Super Record|スーパーレコード 

スーパーレコード

■参考価格:¥334,800(税抜き)

■重量:1,903g


超級グレードとして、レコードのさらに上をいくスーパーレコードが復活。惜しみなく最高級の素材と技術を導入することで、卓越した操作感と最軽量を実現。

   Record EPS|レコードEPS(リア11速/電動) 
レコードEPS

■参考価格:¥487,600(税抜き)


新世代電動コンポとしてレコードクラスにもEPSが設定。

   Record|レコード(リア11速)
レコード

■参考価格:¥260,700(税抜き)

■重量:2,005g


古くより数々の栄光を勝ち取ってきたトップグレードであり、レーサーの憧れの的。

   Chorus EPS|コーラスEPS(リア11速/電動) 
コーラスEPS

■参考価格:¥374,900(税抜き)


ファンからの要望を受け、2015年に新しく加わったコーラスのEPS。

   Chorus|コーラス(リア11速)
コーラス

■参考価格:¥181,300(税抜き)

■重量:2,097g


カンパニョーロ社の見解では、シマノ・デュラエースの対抗馬と位置付けているコーラス。レースでも十分輝く本格派。

   Athena|アテナ(リア11速)
アテナ

■参考価格:¥151,400(税抜き)

■重量:2,163g


11速コンポのベースモデル。シルバーカラーの設定があり、クラシカルなフレームにもマッチします。

   Potenza|ポテンツァ(リア11速)【NEW】
ポテンツァ

■参考価格:¥102,500(税抜き)

■重量:2,326g


価格・性能的にもシマノのアルテグラと同等クラスのニューラインナップ。

   Veloce|ベローチェ(リア10速)
ベローチェ

■参考価格:¥71,400(税抜き)

■重量:2,359g


カンパのエントリーモデル。ブラックとシルバーの2カラー展開。

 

 SRAM|スラム
元はMTBの世界で有名だったスラムは、2006年よりロードコンポーネントをリリース。いまやツールの表彰台でもおなじみといえる実績とシェアを獲得しています。
   ■RED eTAP|レッド イータップ(リア11速)
SRAM eTAP

参考価格:¥    (税抜き)

■重量:    


無線電動方式を採用したスラムの最新・最上位モデル。

   ■RED 22|レッド22(リア11速)
sram-red

参考価格:¥360,000(税抜き)

■重量:1,841g


スラムが誇る最上位モデルは11速に進化。超絶的な軽量さと高い操作性を持ちます。

   FORCE 22|フォース(リア11速)

sram-force

■参考価格:¥215,500(税抜き)

■重量:2,155g


上位のレッドと同様に11速を備え、BB30にも対応するハイエンドモデル。

   RIVAL|ライバル(リア10速)
sram-rival

■参考価格:¥131,000(税抜き)

■重量:2,386g


中位モデルのライバルは精悍なブラックカラーが印象的。レースからツーリングまで幅広く対応。

   APEX|エイペックス(リア10速)
sram-apex

■参考価格:¥108,600(税抜き)

■重量:2,417g


エントリーモデルにも、スラム独自の変速レバーシステム:Double Tap採用。

ロードバイクのカスタムポイント

フレームセット 
パフォーマンスを大きく決定付ける『バイクの骨格』

乗り心地をガラッと改善したい!

とにかく軽量化にこだわりたい!

guidance_01


 アイオロス3D3 ホイールセット+タイヤ 
走行性を左右する『バイクの脚』

滑らかな走りが欲しい!

高速性能を追求したい!

guidance_02


 ハンドルバー+ステム ハンドル + ステム 
フィッティングに重要な『バイクの舵』

前傾のポジションがしっくりこない!

ステアリングをもっと快適に操りたい!

guidance_04


 サドル+シートポスト サドル + シートポスト 
ライダーの腰を支える『ポジションの基幹』

お尻が疲れるっ!

腰へのショック負担を和らげたい!
guidance_05

 
このページの先頭へ戻る