MENU

サイクルパインは東京都世田谷区にあるスポーツ自転車ショップです。ロードバイク・クロスバイク等を取り扱っています。

続々と!新アルテグラR8000カスタム増えています(^^)/

2018年に入ってから、各メーカーのバイクはある程度供給が落ち着いてきて、今ごろ19年モデルの開発に邁進していることでしょう。ニューモデルの発表は毎年夏頃に集中しますから、今春はバイクよりもパーツへの注目が高いですね。
バイクカスタムに余念がない方は大変多くいらっしゃいます。誰しも愛車のパフォーマンスを向上させたいと想う訳でして。己の体力向上も重要ではありますが。。
そこで今、サイクルパインへのリクエスト1位はなんてったって新型アルテグラの載せ替え依頼◎
つい先日、新聞に『シマノ/新型105のリリース間近』なんてニュースも挙がっておりましたが・・
やはりカスタムするならば上のグレードを志す方がほとんど。

コンポフルセット価格(税込)でザックリ比較してみると・・
105:7万
アルテグラ:11万
デュラエース:23万
105スペックのバイクユーザーさんが圧倒的に多い中、
ステップアップを考える時におサイフ事情からしてもアルテグラに人気集中するのも当然でしょうか。
デュラの性能を受け継ぐアルテグラが価格で見ると半額以下! コスパの強みは圧倒的です。

昨年末に発表されて以来、本ブログでも何度と新アルテグラR8000系をクローズアップしてきましたが、これまで多くのR8000カスタムご依頼で仕込んできて、あらためてその機能性の素晴らしさを実感しています。
本ブログを書く私もメインバイクは6800系からR8000系に乗り換えて、身をもって味わっております♪♪

ここで、
これから新アルテグラカスタムを検討している方へ、まだご存じなかった方へも、
新アルテグラR8000系の素晴らしさを改めてご紹介してまいりましょう~(^^)/


レバーの握りが良い!
バイクと身体が触れるのは、サドルペダルグリップです。どう収まるかでライドフィールに大きく影響しますよね。コンポ8点セットではSTIレバーが唯一ですが、このデザインも人間工学によって更なる再設計が施されています◎

単純にレバーブラケットが細身になっただけではありませんっ
レバーのアールを見てみて下さい。新アルテグラのアールは105よりも強いですね。
より際立ったレバー形状なので、触感でレバーに置く指位置が判りやすいですし、レバー上部に指をかける時に収めやすい。ブレーキング時のレバーストロークがさらに直感的に操作しやすくなった感触です。
また、ブラケット下部分がとてもスリムになったので、指をフックし易くなりました◎
パワフルに漕ぎまわす際などでフルフィンガーをブラケット下にまわし込むポジションを取ると、とてもフィーリングが良いです(^^)
カバーもパターンが付いて滑りにくくなりました。 良いこと尽くしだなぁ


リア最大34丁に対応!
レース仕様で完成車販売されるのは昔の話。昔は53/39Tのクランクに12-25Tカセットという仕様がほとんどで、2008年だったかな、50/34TコンパクトのアルテグラSLクランクが発表された時には~それはもう爆発的ヒットでした。。

ロードバイクの用途として、皆さん圧倒的に快適ロングライドを楽しみたいと求められます。現在の完成車スペックのほとんどは50/34Tクランク11-28Tカセット仕様で昔と比べればだいぶワイドにはなったのですが、もっとワイドギアが欲しいと望まれる方が多くいらっしゃいます。

上写真は50/34Tリア11-34Tです。デカいっっ!! ギア比は前/後で1.00の到来です(^^♪ カセットのロウ3枚は34-30-27T。これだけのワイドギアがあれば峠坂含むロングライドでも大変心強いです◎

補足で、
クランクのアーム長も165/170/172.5/175mmから選べます。(デュラは167.5/177.5/180mmも有)
メーカーが展開する完成車はほぼ世界共通で、比較的リーチがコンパクトな日本人仕様ってわけではありません。
身長170cm前後の方が多い日本市場ですが、160cm台の方でしたら(身体的特徴や嗜好の違いがあるので一概には言えませんが)165㎜アーム長が回しやすくておススメです。ケッコー完成車って170㎜アームを付けてくるんですよ。
ご自身が使っているアーム長は把握していますか? アーム裏に長さがプリントされています。
カスタム時のメリットとしてアーム長の変更も出来るのです。(上写真は165㎜)


でっぱり少ないシャドーデザインのリアディレイラー
ロングライドとなると輪行。電車使わなくても予期せぬメカトラ離脱時の際にも困らないよう輪行袋を携帯する方は多いですね。
最近では電車マナーのためにタテ式輪行袋を業界では推奨されています。
前後ホイール外して抱き合わせてのエンド金具を取り付けてタテる訳ですが、ここで難儀するのがリアディレイラー&ケーブルの出っ張り。路面に接触しては破損の恐れがあるのでエンド金具が庇うのですが・・にしても出っ張り多いと大変です。
近年のケーブル内蔵フレームはケーブルエンドがより後方に位置してきたので、さらにケーブルの突出が多くなってきました。輪行帰りバイクのソフトメンテナンス時にリアケーブル曲がりをよく発見します(^^;

上の写真を見て下さい。だいぶでっぱり少なくなりましたよね! これだけ浅くなれば輪行時も安心です。
外へのリアディレイラー出っ張りも薄くなりましたから、落車・転倒時のハンガーダメージも抑えられますね◎


安定感を増した高剛性ブレーキ
実は私、新アルテグラを初乗りした時に大きく進化を感じたのがブレーキでした。

レバー形状が変わったことで、よりストロークしやすくなったというのはあるのですが、
ブレーキ本体の剛性が上がったことで、更に反応が良くなりました◎
上写真の矢印見ると・・左右ピボットを架け橋のようにスタビライザーが搭載されていますね。この工作によってキャリパー剛性が飛躍的に上がり、制動力が安定するのです。ブレーキングを多用するような下り時にとても安心感が得られます(^^♪
パッと見で気付きづらい、縁の下のお助けパーツ君です。良かったら今度覗いてあげて下さい。
補足で・・最近トレンドなファットリムや28Cタイヤにもしっかり対応しますんで◎


如何でしょう。新アルテグラには魅力的なポイントが多いですね。シルエットやカラーのカッコ良さだけではないんですって当然ですが。
コンポカスタムの魅力はパフォーマンスアップだけではなく、
ご希望の歯数やアーム長を選ぶというのもポイントなんです◎

ブログ写真のメンバー様エモンダSのように、
より一層快適なライドを楽しめるように新アルテグラカスタムは如何でしょう!!?


ワイドなギア搭載で、コントロール豊かなブレーキが備われば、
ちょっと自信が無くて躊躇していたルートにも安心して臨めますね!(^^)!
どうぞご検討下さい。

>> エモンダS x R8000アルテグラカスタム その他写真はコチラより <<


ここで、
カスタムを拡げていけば・・不用品が増えてきますよね。わんさか増えたらさぁ大変。家庭でのトラブルは避けてほしいですw
そこで当店では、
買替時の下取り仲介サービスを行っておりますm(__)m

中古業界はその時々で査定評価が変わるので、ここでハッキリと査定額はお伝えできませんが、
5800系105一式や10s時代の105/アルテグラ一式でも、万オーバーの評価になっています。

本サービスを合わせてのカスタムご検討の方は、評価が下がる前に~ご相談下さい。
時間が経てば経つほど・・下がっちゃいますよ!
カスタム依頼前に、不用品想定で査定だけでも無料でご案内出来ます。どうぞお気軽に(^^)/
※当店で買替ご検討時のみ受け付けております。


最後に・・
シマノ製品が5月1日より値上がります。
今回ご紹介のR8000アルテグラも値上がります。。
アルテグラに限らずなので、カスタムご検討の方はお早めにご相談下さい!!!!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

アクセス・お問合せ

お問合せ

〒156-0043
東京都世田谷区松原3-41-16 オパスワン1・2F
京王線、東急世田谷線 下高井戸駅下車 徒歩2分

アクセス詳細を見る

03-6379-3181
(タップすると電話がかかります)

水曜定休11:00~20:00

営業時間/11:00~20:00 定休日/水曜日

PAGETOP