ホーム > ブログ > ’≪BONTRAGER≫’カテゴリー内の記事一覧

【New】Bontrager(ボントレガー)Aeolus Pro 3 & Aeolus Comp 5

Bontrager(ボントレガー)からニューホイールが登場!!

Aeolus_Pro3

今までのラインナップには無かったAeolus(アイオロス)の廉価版ミドルグレードホイールAeolus Pro 3とAura 5に代わって登場したアルミリムホイールのAeolus Comp 5です。

●Aeolus Pro 3 TLR Clincher 
F: 84,000円(税抜)
R: 100,000円(税抜)
Aeolus Pro 3 TLR Clincher
・重量:フロント656g、リア850g(トータル1,506g)
・カラー:Black/Anthracite
・リムハイト:35mm(現行Aeolus 3 D3 と同じリム形状、外幅27mm、内幅19.5mm)
・OCLV Pro Carbon製
・RLハブ採用
・体重制限なし
・付属:TLRリムストリップ、TLRバルブ、バルブコアリムーバブルツール、Black Princeカーボンパッド、通常のリムストリップ


●Aeolus Pro 3 TLR Disc
F: 84,000円(税抜)
R: 100,000円(税抜)
Aeolus Pro 3 TLR Disc
・重量:F:715g、R:885g(トータル1,600g)
・カラー:Black/Anthracite
・リムハイト:35mm(現行Aeolus 3 D3 と同じリム形状、外幅27mm、内幅19.5mm)
・OCLV Pro Carbon製
・RLハブ採用
・体重制限なし
・付属:TLRリムストリップ、TLRバルブ、バルブコアリムーバブルツール、通常のリムストリップ


●Aeolus Comp 5 TLR
F: 45,000円(税抜)
R: 65,000円(税抜)
Aeolus Comp 5 TLR_FAeolus Comp 5 TLR_R

・重量:フロント775g、リア1085g(トータル1,860g)
・リムハイト:50mm(外幅23mm、内幅17.5mm)
・体重制限なし


これらは2018年モデルの一部完成車に装着されています。例えば、、、
↓↓↓
●Émonda SL 6 Pro

標準小売価格: 417,000(税抜)
カラー:Matte Metallic Gunmetal
サイズ:44, 47, 50, 52, 54, 56, 58, 60, 62
Emonda SL 6 Pro

Aeolus Pro 3の価格は184,000(税抜)ですからけっこうお得です!
そしてバイクシルエットもカッコ良くなりますね。

こちらも要チェック!!!

カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | タグ: , | 1件のコメント

Bontrager(ボントレガー)史上最軽量サドル「XXX Carbon」登場!

TREK(トレック)のバーツブランド、Bontrager(ボントレガー)
ホイールやハンドルバー・ステムなどレースシーンを支える優れたパーツを世に送り出してきたBontrager(ボントレガー)のエンジニアチームが史上最軽量68gOCLV製フルカーボンサドルを発表しました。

Bontrager_XXX_saddle_68g_01

Bontrager_XXX_saddle_68g_02

 

カーボンレールの軽量サドルでも150g前後はするところ、その半分以下。
究極の軽量性を求める方の選択肢として如何でしょうか?

Bontrager_XXX_saddle_68g_03

Made in USA 高品質の素材や樹脂を業界先端の自社設備で製造したOCLV XXX カーボン

Bontrager_XXX_saddle_68g_05

誇らしげな「XXX」と「BONTRAGER」ロゴ

Bontrager_XXX_saddle_68g_04

超軽量で丈夫なオーバーサイズのカーボンレール

Bontrager_XXX_saddle_68g_06

Contour Relief Zone Plus (CRZ+) はサドル全体にカットアウトが施され、軟組織をしっかりと保護する

XXX Carbon Road Saddle

価格:59,000円(税込)
重量:68g
カラー:ブラック
サイズ:幅138mm

お尻が痛くならないの? とかそういうんぢゃない究極の追求ですm(__)m。

カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | タグ: , | コメントをどうぞ

ボントレガーよりスペシャルなインソール登場!

IMG_4830

スタッフ・マエダのシューズ:Fizik R1B UOMO のペラッペラなインソール。とほほ。。

ビンディングシューズは色々グレードが分かれて手頃なものでも1万円前後、ハイエンドは3・4万円するモデルも珍しくありません。

ただ、インソールってハイエンドシューズでもペラッペラで、あまりコストを掛けられていないですよね。
これって、ビンディングシューズに限ったことでなく、他スポーツシューズや一般靴でも同じような感じでしょう。

シューズを選ぶ際に一番重要なことは勿論サイズ感。
ビンディングシューズの場合は、一般スニーカーよりもフィット性を重視したいです。
なんせシューズがペダルに固定されますから、フィット性が鈍いとペダリング時にシュー内で足が遊んで靴擦れを起こしてしまいますから。。

ベストフィットなサイズを選んで、ついにビンディングデビュー☆
ビンディングとなればペダリング効率が劇的に向上し、登坂力もアップ! グングンと走り込んでいけますから、100キロオーバーなロングライドもこなして行かれることでしょう~
長時間シューズを履いていけば、足へのサポートがより重要になってきます。ペダリングの快適性はもちろん、効率性・パワー伝達性・持久性をしっかり整えなくては身体を壊してしまいます。

そこで今回是非ともおススメしたいのが、ボントレガーで新開発されたスペシャルなインソール:
◆BONTRAGER(ボントレガー) Inform Biodynamicsインソール
価格¥4,900(税込)
BONTRAGER INFORM BIODYNAMICS INSOLE (2)
インソールメーカーで名高いSUPERfeet社との共同開発によって新登場のボントレガーインソール。
初期のペラペラなインソールでは適わない・・フットベッドとつま先にかかる圧力を均等に分散させることで、快適性と安定性を向上させるのです!!

BONTRAGER 3D ARCH

(A)中足横アーチ (B)外側縦アーチ (C)内側縦アーチ

ボントレガーの提唱する3D Arch(3Dアーチ)
足の3つのアーチ全てをサポートするようにインソールを綿密に設計しています。
内側縦アーチ(右図C)だけでなく、中足横アーチ(A)と外側縦アーチ(B)を考慮して、3Dアーチ独自のサポート性能が、より均一に圧力を分散させ、エネルギー伝達が最高となるように足の位置を自動調整し安定させるのです☆

足のアーチの具合は個人差があるもの・・・
そこでInform Biodynamicsインソールでは、最適なフィットが得られるように3つの異なるアーチ形状から選ぶことが出来ます◎
この3タイプからどれが自分の足型がベストか導き出すために~特性のアーチサイザーをご用意!(^^)!
BONTRAGER INFORM BIODYNAMICS INSOLE (3)
bontrager inform biodynamics insole BONTRAGER INFORM BIODYNAMICS INSOLE (13)
サイザーの使い方は・・・

1、かかとをヒールカップに押し付けて、裸足でアーチサイザーに乗る
2、かかとをヒールカップにぐいと押し付ける
3、熱変形素材が体温で反応するまで10秒ほど待つ
4、凡例(サイザー中央のイラスト)と最も似た足跡に基づき、該当する番号のインソールを選ぶ

はい、ただこれだけ。簡単ですね~♪

凡例の足型イラストで顕著な違いは土踏まずの面積の度合い。土踏まずの面をサポートするインソール形状が下記写真のように3タイプあって、シューズサイズに合わせて3サイズから選びます。
分かり易く色分けもされていますね。 絶妙なインソールアーチの違いが見て取れますでしょうか。。
BONTRAGER INFORM BIODYNAMICS INSOLE (8) BONTRAGER INFORM BIODYNAMICS INSOLE (10)
BONTRAGER INFORM BIODYNAMICS INSOLE (9)
BONTRAGER INFORM BIODYNAMICS INSOLE (1)
本ブログを書くマエダはサイザーの熱反応を見るところ【2】のようです。
実は私、ランシューズでもSUPERfeet社のインソールの愛好家でして。使用以前はランの度に膝を傷めがちだったのですが、SUPERfeetと出会えてランニングを楽しめるようになったんです♪

ではビンディングシューズはこれまで別売りインソールは試していませんでした。。その結果、おそらく圧力バランスが悪いんでしょう、ロングを走ると右足の小指球が痛み出して悩みのタコまで出来上がってしまう始末。それがまた痛いっ
まさかボントレガーとSUPERfeet社が共同開発してくれるとはっっ!! これはハッピーです♪♪

===

さっそく使用したインプレッションとして~
先ず最初に通常には無い土踏まずの盛り具合に少々驚き。と同時に青竹踏みのような刺激がきます。
一瞬大丈夫か??と思いましたが、別にこれでずーっと歩行するわけではないですから、ペダリング時の感触がどうなのかが肝心。
いざバイクで走り出すと~たしかにこれまでと違って、拇指球から小指球までの足裏全面に均等した圧力を感じることが出来ます! そうしますと、ペダリング時の右ヒザ上下の動きに違和感が感じれるように。これまでは無かった感触です。
実は私個人的に、ランニングの時にもコーチに指摘されていたヒザの開き・・ヒザと拇指球のラインを垂直にキープできていない事でウェイトと踏み込みの力が横に逃げてしまい、ねじれの負荷で脚を傷めていたんです。
ランではその誤ったフォームをだいぶ払拭出来てきたので、ペダリングでも応用できているだろうと高をくくってましたが、出来ていなかったようです orz おそらくは右脚の上下運動が上手くいっていなかったために、負担が小指球に集中していたのでしょう。

今回Inform Biodynamicsインソールのおかげで気付けて素直に良かった(^^)
これからは両ヒザの上げ下げをストレートに意識しつつ、はやく右ヒザの違和感を払拭しようと心がけていきます。これで早く右足のタコが成長しないで治まってくれる事を祈って。。

Inform Biodynamicsインソールを使い込んでいくと、3D Arch(3Dアーチ)の支えがとても心強く思えてきます。足裏の圧力が均等になることで、ペダリングの力の掛かりが直感的に掴みやすくもなりました◎ 始めに感じた青竹踏みな刺激もいつの間にか和らいで、むしろその刺激も健康器具のような心地よさに感じる次第。恐らくは身体が少しづつ端正されてきているのでしょう。イイ感じです♪♪
私バイク通勤なんで、これから毎日使用して身体を端正していこうと思いますね!(^^)!
このインプレはあくまでマエダの私感ですm(__)m

===

今ブログをご覧頂いている皆さまの中で、ペダリングでシューズと足の相性になにか違和感を持っている方は、インソールに目を向けてみては如何でしょう!? 
最初はアーチの盛り上がりに驚かれるかもしれませんが、使うにつれ好印象を持って頂けることでしょう!
サイザーは当店常設しておりますので、試してみたい方はお気軽にスタッフまで(^^)/

カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | コメントをどうぞ

【リコールのお知らせ】 Bontrager(ボントレガー)Flare RT

ボントレガー製リアライト『Flare RT』のリコールが発表されました。

flare_rt

一部の生産ロットにおいて、誤ったプログラミングで組み立てられていることが判明。該当のライトは、『Transmitr リモート』とのペアリングやデバイス操作において不安定な動作を起こし、走行中にライトが突然消えてしまう可能性があります。

お客様の安全を第一に考え、リコール該当品の回収と無償交換を実施いたします。

リコール対象製品
以下のシリアルコードが記載されているBontrager Flare RT ライト
(コードが確認できない場合は、ストアスタッフへ問い合わせください。)
Af0400408 から Af0400709

flare_rt2

対応方法
対象ライトをお持ちのお客さまは、使用を中止し、トレック販売店までお持 ち頂く様お願い申し上げます。該当ライトを無償交換させていただきます。

カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | タグ: , | コメントをどうぞ

お得な『パンク修理セット』はじめました◎

スポーツ自転車スターターセット当店サイクルパインの大好評なオリジナル商品『スポーツ自転車スターターセット』
スポーツ自転車は本体以外のアクセサリーは一般的に別売り。ライトや専用ポンプ等、利用するうえでの必需品がありますが、それらをまとめてお得にご提供しております◎

必需品も揃えて、バイクにも慣れてきた暁に、次にトライしたいのは遠乗りツーリングでしょう(^^♪
未知なるところへご愛車と共に自力で旅する☆ スポーツ自転車の醍醐味と言ってよいでしょう。
2016SadoLongRide_CyclePine_060 2016SadoLongRide_CyclePine_021
ただし、十分にツーリングを楽しむためにも、予期せぬトラブルに対して心構えも必要ですよ。
バイクトラブルで一番多いのはパンクですね。鋭利なガラス片や釘など拾ってタイヤを貫通してしまったり、郊外の林道を走っていて枝や溝でタイヤを打ちつけてのリム打ちパンク‥など、まさかのタイミングでパンクしてしまう事もあり得ます(-_-)
もし、ハードなバイクトラブルに見舞われたら・・残念ながらリタイヤとなりますが、輪行袋を携帯しておけばバイクを収納してスムーズに電車等を使って帰還することも出来ます。
CYCLEPINE_ASAPAN (1) 14224551101_be4204eedf_z
ただ、パンク修理も輪行袋収納も初めての方には少々手こずりますよね。
そこはご安心を! 当店サイクルパインでは『あさパン・あさ輪』と題して、初心者向け講習会を定期的に開催しております◎ ちょっと不安な方はどうぞ受講して下さい(^^)/

いざパンク修理だ!となった暁にはいくつか携帯ツールが必要になってきますが・・・
ここで、今回のお得なご提案です!

!!お得にまとめた当店オリジナル『パンク修理セット』をご用意いたします!!

パンク修理セット
パンク修理には以下のパーツ/ツールが必要になってきます。


●パッチセット:チューブに空いたピンホールはゴムパッチを張り付けて補修。
●インナーチューブ:大きく空いた穴や複数穴が出来てしまった場合にはチューブ交換。
●タイヤレバー:タイヤをスムーズに外す梃ヘラです。
●マルチツールセット:ヘックスレンチやドライバー等がそろった工具。ポジション調整でも使用。
●サドルバッグ:上記パーツをまとめて収納するサドル下のポーチ。
●携帯ポンプ:これが無くては完治しませんっ フレームに取付ける携帯サイズのポンプ。


以上のものをサイクルパイン・オリジナルでセレクト☆
それらをお得にまとめてご提供いたします!!
punc_repair_set
●パッチセット Panaracer イージーパッチキット ¥483
●インナーチューブ Bontrager Standard Tube ¥950
●タイヤレバー Bontrager Tire Lever Set ¥345
●マルチツールセット Bontrager Multi Tool 9 ¥1,900
●サドルバッグ Bontrager Elite Seat Pack S ¥3,500
●携帯ポンプ Bontrager Air Support HP Pro S ¥4,500
以上6点合計¥11,678(税込)のところ・・・
!!!特別価格¥10,000(税込)ジャストでご提供!!!

あれこれ選んで悩んでも大変ですよね。
スポーツ自転車を始めるときは~
必需品は『スポーツ自転車スターターセット』をお得にチョイス◎
ツーリングで遠出に臨む時には『パンク修理セット』をお得に携帯◎
このサイクルパインオリジナルのダブルセットがあれば先ず安心(^^♪

おサイフに余裕をつくってあげて、
憧れのサイコン『ガーミンEdge820J』を搭載したり、サイクルウェア『reric(レリック)』でフルコーディネイトしたり、最高です☆
edge820j_01reric_wear
皆さまに充実したサイクルライフをご提供できるように、サイクルパインは最大限サービスしてまいります(^^)/
どうぞ宜しくお願い致します。

カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | コメントをどうぞ

メンバー限定☆お得にハイグリップなレーシングタイヤに履き替えましょう♪♪

いつも本ブログをご愛読いただいて誠にありがとうございます!(^^)!
さてさて、ご愛車の足元タイヤの状態は如何ですか??
紅葉が始まってきた今シーズン、夏場のライドでタイヤは酷使してそのままではないですか??

ロードバイクのタイヤは身体でいうとシューズそのもの
ランニングに例えるならシューズの種類って多くありますよね。
Jasper Stuyven in  Trek High Visibility apparel photoshoot  by Kristof Ramonrunner
クッション豊かなジョグシューズ、万能なトレーニングシューズ、いざ決戦用レースシューズ‥など。
シューズのチョイスによって、走り応えが如実に変化しますよね。
そう!ロードバイクも同様にタイヤ種類が豊富にあり、装着モデルによって走行性が大きく変化するのです!

今回おススメするのは
Bontrager(ボントレガー)ロードタイヤ:R3ハードケースライト
bontrager-r3-tireimg_4370
ボントレガーのロードタイヤラインナップはグレードを分かり易く数字で表示。
エントリーのR1から、決戦用R4まで。大きく4グレードに分かれます。
今回推しのR3レースも視野に入れるハイグリップで軽量モデル。
当店試乗車にもメインで装着するこのR3の乗り味は最高です。グリップは豊かで踏み出しの加速は気持ちよく、コーナリング時等で車体を倒しても安定感が良い! 重量も23cで190gと軽量で、ホイールの軽快な転がり感が心地よい♪♪
お値段は一本¥5,500(税込)でお世辞にも安い!とは言えませんが・・パフォーマンスは確実です◎

!スペシャルなご案内はここから!


この高性能なロードタイヤR3前後セットでの交換ご依頼メンバー様対象にて
R3タイヤ×2本(¥11,000)+ 前後タイヤ交換工賃(メンバー様価格¥864)
通常¥11,864(税込)ところ⇒⇒⇒!!!工賃込で¥10,000(税込)でご提供します!!!


ワンクラス下のR2タイヤで計算すると、¥3900×2+¥864=通常¥8,664(税込)ですから、
R2と言わず~R3に履き替えた方が断然お得!!

TREK(トレック)の完成車に標準装備されるボントレガー製タイヤ。
実のところ、上位モデルでも搭載するタイヤはR2留まりだったりするのです。
デュラエース搭載の2017年式ドマーネSL8でもタイヤはR2なんですよーっ
タイヤをグレードアップすると走行性が大幅に改善します。
そして性能向上が体感しやすいポイントでもあります。

この事実をご存じない方が実に多い。。
少しでも多くのメンバー様にタイヤカスタムの喜びを味わっていただきたく、
今回は当店大奮発で、R3タイヤを数多くご用意しました!(^^)!
img_4372
なお、こんなにもオイシイ話がいつまでも続くわけではありません。
R3タイヤ当店在庫限りのご提案といたします。
在庫無くなりましたらスペシャルなご提案も終了させて頂きますm(__)m


また、メンバーでない方にもおススメしたい!

cyclepine_members_card今回のご提案はサイクルパインメンバー様限定となりますが、メンバーでない方もご安心を(^^)/
他店様で車体購入された方でもメンバーご入会を受け付けております。
サイクルパインメンバーには☆特典満載☆
今回のご提案など様々なイベント企画を盛りだくさんに提案してまいります。
また、日々の車体調整・点検を¥0無料にて受付、修理の際にはメンバー特割でのご提案します◎
その他ライドイベントメンテナンス講習会など、メンバー様のサイクルライフをしっかりサポート!
どうぞこの機会にメンバーご入会をご検討下さい(^^)/
>> サイクルパインメンバーのご案内はこちらをクリック <<


当店サイクルパインのR3タイヤ在庫限りのスペシャルなご提案です!
足元が気になっている方は~どうぞお早目にご相談下さい(^^)/

※この度のR3タイヤ履き替えサービスについて、タイヤサイズは23cまたは25c、カラーはブラックのみ。
その他の仕様については対象外となりますのでご了承下さい。

※特別価格について、現金価格となります事をご了承下さい。

カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | 1件のコメント

Bontrager(ボントレガー)の新型Aura 5(オーラ 5)& Paradigm(パラダイム)登場!!

パーツブランド、Bontrager(ボントレガー)からロード用アルミリムホイールの2モデルが新しく登場しました!!
Aura5TLR

迫力あるロゴの新デザインに刷新されたAura 5 TLR(オーラ 5 TLR)
アルミリムとカーボンのハイブリットでエアロ効果を高める50mmハイト
巡航速度のキープが各段に楽になります。何よりも高いリムハイトで愛車の表情がグッと変わりますね♪♪

重量:フロント/760g、リア/960g
定価:フロント/¥75,000(税込)、リア/¥100,000(税込)

設計や性能面での変更は何もなしですが、値段が下がった、、、。
変ったのはデカールだけ、、、。
じゃぁ、、、!!!
仕方がないっ!!!

当店にワンセット在庫しております、旧ロゴのAura 5(オーラ 5)を特価にてご紹介します(*’ω’*)。
■Bontrager(ボントレガー)Aura 5(オーラ 5)
定価:フロント/¥79,000(税込)、リア/¥103,000(税込)
前後セットで定価¥182,000(税込)のところ⇒⇒⇒!!!特別価格でご紹介!!!
ご成約ありがとうございました!

旧ロゴAura5

お早目にどうぞ!


さて、続きましてParadigm Elite(パラダイム エリート)
Emonda SLR 8は標準でこのホイールが履かれている、要するにアルミトップグレードモデルです。
EmondaSLR8_1EmondaSLR8_2

いままでのトップモデル RXL(レース X ライト)が無くなっちゃうんですねぇ。なんだか寂しい。。。
因みに、
定価:フロント/¥53,000(税込)、リア/¥79,000(税込)
重量:フロント/642g、リア/798g
でした。
RXL

■Bontrager(ボントレガー)Paradigm Elite(パラダイム エリート)
定価:フロント/¥50,000(税込)、リア/¥75,000(税込)
重量:フロント/642g、リア/822g

Paradigm_Elite

 

お値段お安く、重量が軽くなってます。
リムの外幅は23mmと変わらずに内幅を17.5mm⇒19.5mmに変更(RXL比較)。
太めのタイヤでも安定感のある嵌りが可能となり、併せてリムとタイヤの段差が減って空気抵抗も軽減。コーナリング中のタイヤの変形も少なくなることでしょう。

DT36T
写真はAeolus(アイオロス)のスターラチェット

DT240のスターラチェットはカーボンホイールAeolus(アイオロス)と同様に36Tを使用。
刻みの多いラチェット数でコーナリング終わりの立ち上がりや瞬間的にスピードを出したい時に「かかり」の良い走りがデキます。

あなたがもし、カタログスペックのままのホイールで満足できてなかったら、どちらも劇的な違いが得られるアップグレードホイールです。
ということで、こんなキャンペーンもやってます(*^_^*)。

GradeUp

是非ご検討下さい。

カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | コメントをどうぞ

Bontrager(ボントレガー)TransmitR Wireless Remote システムのご紹介

Bontrager(ボントレガー)から登場したTransmitrシステムをご紹介♪♪
ハンドルに取付けたスイッチの操作でワイヤレス接続されたライトのオンオフやモード切り替えをする新しいシステムです。
技術の進化によってドンドン新しいものが誕生しますねぇ!!

2016Bontrager_TRANSMITR_03

■Bontrager(ボントレガー)TransmitR Wireless Remote
価格 ¥9,500(8%税込)

2016Bontrager_TRANSMITR_022016Bontrager_TRANSMITR_01

ANT+通信を利用し、最大7つのTransmitr対応デバイスをワイヤレスで操作可能。
走行中に手を放してライトのオンオフをしなくていいから安全ですね(^-^;。
ロングライドに出かけるとトンネルがあったり、帰宅前に陽が落ちたりと、そのたびに後ろに手を伸ばしてぇ~なんてやってたら危ないですからこれは重宝します。
オンオフ操作だけじゃなくてモード切替もできるので、通勤通学の道中でシチュエーションに合わせたモード選択で安全性も向上します!!
現在使用中モードはTransmitrのボタンが同じ光り方をしてくれるので確認もカンタン(*’ω’*)。

対応デバイスは今のところIon 700RT(フロントライト)とFlare RT(リアライト)の2つ。

■Bontrager(ボントレガー)Ion 700 RT
価格 ¥19,900(8%税込)

2016Bontrager_ION700_RT_01
2016Bontrager_ION700_RT_022016Bontrager_ION700_RT_03

最大700LM(ルーメン)-1.75時間の高出力ライト。
これだけ明るければ街灯の少ない道路でもしっかりと照らせます。

■Bontrager(ボントレガー)Flare RT
価格 ¥10,900(8%税込)

2016Bontrager_FLARE_RT_01
2016Bontrager_FLARE_RT_022016Bontrager_FLARE_RT_03

日中でも抜群の視認性を発揮して遠くから(最長2km先から!!)でも近くからでも(270度の被視認性)自転車の存在をアピール出来ます。
自転車事故は「後方からの追突」がかなり多発しているようです。
少しでも安全に走行して自分の身を危険から守るためにも明るいライト、そして日中からのライトオン!!を心がけてもいいんじゃないでしょうか。


【セットアップ方法】
さて、ワイヤレスでの動作ですので電波混線しないようにTransmitr Remoteとそれぞれのライトをペアリングしなければいけませんね。
英語の説明書が付属しているだけなので、かいつまんでご説明します。
動画と合せてご確認下さい。

  1. ペアリングさせるライトのスイッチボタンを「短く押して」点灯させたら「長押し」してOFFにします。
  2. ライトをTransmitr Remoteから15cm以内の距離に置く。
  3. Transmitr Remoteの真ん中のボタンを外側の4つのボタンが点滅するまで8秒間押し続ける。真ん中のボタンが赤く点滅した後、ライトを認識するとボタンが緑色で点滅。(動画ではリアライトを先に認識してます。)
  4. 認識したライトを操作するボタンを外側4つの中から選択⇒ペアリング完了。自動的に次のライトを探して認識すると真ん中のボタンが緑色で点滅するので操作したいボタンを選択⇒ペアリング完了。(動画ではリアライトを下ボタン、フロントライトを上ボタンを選択。)
  5. 真ん中のボタンが赤点滅で次のライトを探しますがそれ以上無ければ真ん中のボタンを押して終了
カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | コメントをどうぞ

TREK WORLD 2016 現地リポート ~Bontrager(ボントレガー)編

Bontrager(ボントレガー)からはTREK FACTORY RACINGの選手も使うエアロヘルメット「Ballista(バリスタ)」が登場!!

2016Bontrager__Ballista_01

2016Bontrager__Ballista_04

海外自転車サイトbikeradarが風洞テストで各社のヘルメットを比較した結果、ベストエアロヘルメットに選ばれております(*’ω’*)。
http://www.bikeradar.com/road/gear/article/best-aero-road-helmets-tunnel-and-road-tested-44719/

bikeradar
2016Bontrager__Ballista_022016Bontrager__Ballista_06

価格:¥23,000(税込)
サイズ:S/M、M/L

Transmitr Remote

より安全に自転車に乗ることが出来るよう、ライト関係は進化をしていますね。
ANT+通信を利用したTransmitr(トランスミッター)

トンネルに入るたびにリアライトへ片手をのばす危険性から解放されます。
リアライトだけぢゃなく最大7つのデバイスを操作可能。
コントローラーだけで¥9,500(税込)と、ちとお高めですが命には代えられません。

Classique

Classique

足元をクラシカルな雰囲気でオシャレに~。
最新素材でありながら味のあるデザインのシューズ。
Classique 定価¥31,900(税込)

Bontrager(ボントレガー)の最新プロダクトは年度の途中でも追加発表されてきますので注目ですね(^-^;。

カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | コメントをどうぞ

ボントレガーTLRフラッシュチャージャー ご紹介

チューブレス愛好家にご用達なフロアポンプに再注目!!
加圧チャンバーを装備、チューブレスのセットアップが大変楽になるTLRフラッシュチャージャーです。

チューブレスユーザーは皆さん何度と戸惑ったことあるでしょう。
フロアポンプをどんなにシコシコやっても、石鹸水をビシャビシャやっても、一向にタイヤビードがリムに上がらずに途方に暮れたことが(-_-)
新品のタイヤだと通常フロアポンプでしっくり上がるんですが、ちょっと使い込んでクセの付いたタイヤとなるとこれまた一苦労。馴染みがタイヤに出ていて、リムに合わせるとガバガバ・・・隙間が多くてノーマルポンプの勢いでは全く歯が立たない。
電動コンプレッサーがあればなんてことないかもしれませんが、一家に一台なんて現実的でないですよね~価格も場所も騒音的にも。。

そこで、このポンプの登場です!!
■Bontrager(ボントレガー)TLR Flash Charger(TLRフラッシュチャージャー)
価格¥13,900(税込)
BONTRAGER TLR FLASH CHARGER
ちょっと太めなフロアポンプってな印象です。

先ず使い方として・・・
1)赤レバーを下に倒し≪CHARGE≫にセット。この状態でポンピングしていくとチャンバーに空気がたまっていきます。ガンガン溜めちゃいましょう!
BONTRAGER_TLR FLASH_CHARGER (3) BONTRAGER_TLR FLASH_CHARGER (2)
2)ポンプヘッドをバルブにセット。仏米兼用のため、仏式での使用時にはバルブコアを折らないよう慎重に。
3)赤レバーを上に起こすと~バシューっっと充填された空気が勢いよく入ると同時に、パッココンっとビードがリムに上がってくれます!(^^)!
BONTRAGER_TLR FLASH_CHARGER (6) BONTRAGER_TLR FLASH_CHARGER (7)
印象としては、≪160PSI≫までチャンバーに溜めこんで放出すると~
タイヤ空気圧はロード23Cで≪80~100PSI≫となりました。
チョット入れ過ぎた時は、通常使用時でもチャンバー充填時でも赤ボタンを押せば細かく減圧調整できます

タイヤとリムとの相性がスムーズなら、さっくりビードが上がることでしょう♪♪
それでも難儀する場合は、やはり石鹸水の登場ですな。
BONTRAGER_TLR_FLASH_CHARGER
ともあれ、このTLRフラッシュチャージャーがあれば作業時間が大分短縮されること間違いなし。
チューブレス愛好家には是非ともおススメな一本です☆

カテゴリー: ≪BONTRAGER≫, パーツ・アクセサリー | コメントをどうぞ