ホーム > ブログ > ≪TREK≫ > 【NEW】トレックのニューモデル”Émonda(エモンダ)”新登場!

【NEW】トレックのニューモデル”Émonda(エモンダ)”新登場!

満を持して、ついに発表されましたTREK(トレック)のニューロードモデル
その名を~”Émonda(エモンダ)
エモンダはトレック史上最軽量ロードラインナップを謳います!!
2015TREK_EMONDA_SLR
これまでトレックのロードレーサーのラインナップには~
■オールラウンダーなパフォーマンスモデル”Madone(マドン)
■長距離や荒地での走行でもライダー負担を緩和させるエンデュランス系”Domane(ドマーネ)
trek_madone trek_domane
以上の2タイプが存在しておりましたが、■ヒルクライマーが好むような超軽量を謳うモデルはいませんでしたね・・・ついにトレックはその領域へ”Émonda(エモンダ)“を送り込みましたっっ!!!

Émondaとは、「削ぎ落とす」という意味のフランス語≪ émonder≫が由来◎
その名の通り、Émondaのコンセプトは必要のないものを削ぎ落とし、
!!!世界最軽量のロードバイクを作ること!!!にあります。
2015TREK_EMONDA_SLR10Émondaの特徴は徹底的に無駄を削ぎ落とした超軽量性!!
ただ単に軽いだけでなく、ライダーが最高の走りを体感できるように、一切の妥協なく乗り心地にもこだわったバイク☆
トレックUS本社の開発チームは、3年間にわたり幾度となくコンピュータ解析や実走テストを繰り返し行いました。 このテストには、誰よりもバイクに乗っているトレック・ファクトリー・レーシングの選手たちも関わり、彼らもが満足する完璧な設計に仕上がっているのですっ!


Émondaのラインナップで最上級&最軽量モデルの名はÉmonda SLR10
なななんとその重量は脅威のわずか4.6kg っ!!(サイズ56の場合)
エモンダSLRのフレーム重量は690g、フォークは280g、セットで合わせても970g驚異的っっ!!

このエモンダSLR10の超軽量を創るトレックの新テクノロジーとして、
Bontrager(ボントレガー)XXX ハンドルバー/ステム コンボが新登場☆
BONTRAGER_XXX_handlebar&STEM_COMBO BONTRAGER_XXX_handlebar&STEM_COMBO
ステム、ハンドルバーが一体成形されたXXXハンドルバー/ステムコンボが新登場☆ 従来のXXXハンドルバー、ステムと同等の剛性を持ち合わせたまま、75gの軽量化に成功しているのです。

さらにぃ~
Bontrager(ボントレガー)Speed Stopブレーキの登場☆
BONTRAGER_SPEED_STOP_BRAKEÉmondaバイクのSLRグレードには、2つのボルトでフレームに直接取り付けるダイレクトブレーキマウントボントレガーSpeed Stopブレーキ」を採用! 通常のブレーキよりもパーツ数を減らすことができ、キャリパー片側につきUltegraよりも50gの軽量化を果たしています◎
もちろん、ブレーキも高性能を発揮☆
Speed Stopブレーキのレバー比は調節可能で、クイックリリースは2ポジションあり調節しやすい設計♪♪


この新登場するエモンダの全ラインナップは以下のとおり~
先ずフレームセットのグレードSLR、SL、Sの3グレードに分かれます。
■Émonda SLR:最高次元の700シリーズOCLVカーボン採用
フレーム重量690g、フォーク重量280g、計970g(ペイント込み、サイズ56の場合)
■Émonda SL :高水準の軽量&高剛性500シリーズOCLVカーボン採用
フレーム重量1,050g、フォーク重量358g、計1,408g(ペイント込み、サイズ56の場合)
■Émonda S :高品質なハイコストパフォーマンス300シリーズOCLVカーボン採用
フレーム重量1,220g、フォーク重量518g、計1,738g(ペイント込み、サイズ56の場合)

エモンダ全モデルの数字は、ドライブトレインのスペックのグレードを表します。
4 – Shimano Tiagra 10スピード
5 – Shimano 105 5800系 11スピード
6 – Shimano Ultegra 6800系 11スピード
8 – Shimano Dura-Ace 9000 機械式
9 – Shimano Dura-Ace 9070 Di2
10 – SRAM Red、最軽量モデル


今回トレックジャパンより発表された日本展開のエモンダ完成車のラインナップは以下のとおり~

■Émonda SLR 10 – 完成車価格¥1,590,000(税込)≪限定モデル≫
2015TREK_Emonda_SLR10

■Émonda SLRSL – プロジェクトワン ≪登場時期未定≫

■Émonda SLR 8 - 完成車価格¥918,100(税込)
カラー:Matte Trek Black/Trek White/Trek Gold
2015TREK EMONDA_SLR_8

■Émonda SLR 6 - 完成車価格¥721,200(税込)
カラー:Crystal White/Argent Silver/Trek Cyan
2015TREK_EMONDA_SLR_6

■Émonda SL 8 – 完成車価格:¥550,000(税込)、フレームセット価格¥250,000(税込)
カラー: Trek Black/Trek White/Viper Red
2015trek_Émonda SL 8

■Émonda SL 6WSD – 完成車価格¥380,000(税込)
カラー:Matte Trek Black/Gloss Trek Black、Viper Red/Trek Black、
(WSD)Crystal White/Trek Cyan
2015TREK_Émonda SL 6 2015TREK_Émonda SL 6
2015TREK_Émonda SL 6_WSD

■Émonda SL 5WSD – 完成車価格¥299,000(税込)
カラー:Trek White/Trek Black/Viper Red、Lime Green/Trek Black、
(WSD)Appleseed Blue/Trek Charcoal/Volt Green
2015TREK_EMONDA_SL5_WT2015TREK_EMONDA_SL5_GN
2015TREK_EMONDA_SL5_WSD

■Émonda S 6 – 完成車価格¥299,000(税込)
カラー:Trek Black/Viper Red
2015TREK_Émonda S 6

■Émonda S 5WSD – 完成車価格¥229,000(税込)
カラー:Crystal White/Trek Black、Matte Trek Black/Fastback Orange,、
(WSD)Black Pearl/Crystal White/Flaming Rose
2015TREK_EMONDA_S5_WT2015TREK_EMONDA_S5_BK
2015TREK_EMONDA_S5_WSD

■Émonda S 4 – 完成車価格¥199,000(税込)
カラー:Trek Black/Trek White
2015TREK_Émonda S 4


エモンダのSLRならびにSLグレードでは、内蔵ケーブルシステムを採用し、
DuoTrap S センサーを内蔵可能な設計になっています☆
duotrap-s先日、2015モデルが先行導入されたクロスバイクFXシリーズでも採用するDuoTrap S センサーは、フレーム内蔵型の第2世代のスピード/ケイデンスセンサー
センサーをフレームに内蔵したことで、見た目の美しさ・軽さ・優れた空力に貢献! さらに、結束バンドがフレームに干渉することも、センサーが動いて磁石の読み取りを失うことも、走行中に何かが落下することもありませんっ!
DuoTrap Sは、見た目に優れる新たな取り付けシステムであることに加え、BluetoothANT+の両方に接続できるのです。
≪DuoTrap S センサーのご紹介記事はコチラをクリック≫


ついに本格展開されるトレックの最軽量ロードラインナップ”Émonda(エモンダ)
これから続々と各メーカーより発表されてくる新2015年度モデルの中でも、エモンダはまさに≪台風の目≫となることでしょう~

先の全日本選手権では別府選手が早速エモンダSLRを使用。
そして7/5より開催のツール・ド・フランスではチーム『トレック・ファクトリー・レーシング』がエモンダSLRで栄光を勝ち取るために奮闘します!
EMONDA x FUMI
trek_factory_racing
はたして、トレックの言う『極上の軽量感、そしてとことん追求された心地よい走行感』を演出するエモンダの走りとは?????

是非とも今記事をご覧のアナタが、真のエモンダの証人となられてくださいっっ!!

皆さまのご来店をココロよりお待ちしております。

カテゴリー: ≪TREK≫, バイク, 商品情報   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>